« またね・・・Roxy! | トップページ | ♪もう~い~くつ寝ると♪ホノルルマラソン?!なのにぃ~&選挙です! »

2006年11月 2日 (木)

不思議の国、ドイツ?

Aloha-! 9日間のドイツ旅行から無事生還で

す。いやぁ、初ヨーロッパ良かったですぅ。

何か色んなカルチャーショックがありました。

今日はそんなドイツレポート&ドイツの前に

2泊したLAレポートもチョット入れますね~。

10月19日(木)、私の誕生日の翌日にジョンと

一緒にLAへ向けて出発。前日まで忙しくしてた

私達は少々お疲れモード。これから楽しい旅に

なる筈が少々不安もあり・・・。機内では隣で

ジョンがしきりに鼻をかんでました~(苦笑)

夕方LAに着くと、叔母が迎えに来てくれており

そのままダウンタウンへ直行!ホテル・ニュー

オータニに宿を取って貰っていたのです。

叔父もすぐに合流して、しばらくは食べられな

であろう日本食でDINNER!(鉄板焼きぃ)

Germany_002 サーロインステーキ&海老の

コースを選択し、モグモグ・・・。

いやぁ、美味しかった~!と満足

し、早々に床に就いたのですが、翌朝に

なると・・・。う、身体がダルイし、喉も痛いし、

咳も少々。やっちゃいました、私?

ならば速攻ドクターへ行っちゃおう。

丁度ダウンタウンLAに、私が行けるドクターが

いたので訪問すると“こりゃ喉が真っ赤だな。

ダルイでしょ。明日はロングフライトなら、点滴

しておこう!”って。げ~、ドクター私これから

ジョンをユニバーサルスタジオに案内しなくちゃ

なんですぅ。既にチケットも買ってあって・・・。

点滴どれ位かかるんだろ?え、一時間半?

それって一時間なりませんか?

看護婦さん、どうにかお願いぃぃ。

ってことで、何とか一時間の点滴を終える

と・・・もう1時じゃん!!

これから処方箋の薬を貰い何か食べてから

出発しないと・・・死んじゃうわ。

私を待っている間、ジョンは地図も持たずに

ダウンタウンLAを散策。おいおい、ハワイとは

違ってちょっと路地入るとヤバイんだぞぉ。

歩いててその雰囲気だけはしっかりと察知した

模様で、即そのエリアからは脱出したよう

です。ったくもう、危ないヤツめ・・・。

その後、何とかユニバーサルスタジオへ!!

トラムに乗込むまでに40分待ちでしたが、これ

逃したら来た意味ないもんね~。とにかくまず

トラムでスタジオ巡りへ。ジョンはメインランドも

初めてだったので、結構ENJOY!

Germany_014_1こんなお決まりパターンの写真

撮ってみました~。

この日はハロウィン・ナイトという

特別なイベントあった為、私達は6時に追い

されてしまいました。たったの3時間・・・

でもまぁGOODです。

その後友人夫婦が迎えに来てくれ、ハリウッド

のチャイニーズシアターに、お上りツアー!

Germany_026知ってます?チャイニーズシアター

で、30分の内部観覧ツアーあり!

Germany_027

やっぱりこういう写真は

撮らないとね~(苦笑)

この日は点滴をした

って事もあり、DINNERを食べそのままホテル

まで送って貰いました。

そして翌日はいよいよドイツへ向けて出発!

まずはワシントンへ飛ぶ筈が・・・空港へ行くと

私達の便がキャンセルされているではありま

せんか!マジでぇ~?困るんですけど~。

大丈夫、アメリカは飛行機を山手線状態で

使ってますから、すぐに振り替えてくれました。

行き先はシカゴになり、そこからフランクフルト

行きの便に乗り換えることに・・・。はぁ、初っ端

からやってくれますなぁ~。で、翌日の朝には

無事フランクフルトへ到着しました。今年W杯

開催したので、かなり色々と整ってましたね。

入国審査、どうするんだろ?って思いましたが

Hiって挨拶して、パスポートを見て、私の顔を

チラッと見て、スタンプ押したらオシマイ。

えっ、何日滞在するとか聞かないのぉ?

ま、いっか・・・無事入国出来たんだしね。

出口には、ジョンの叔父さんと従姉妹のダニー

が娘二人を伴ってお出迎え!ハグハグの嵐を

かいくぐり、何とか駐車場へと歩き出す。

彼らあんまり英語は得意じゃないって聞いてた

けど、ダニーは一生懸命学校で習った当時を

思い出して英語で話しかけてくれました。

いやぁ、すっかり私ったら外人でしたわぁ~。

空港を出るとすぐにアウトバーンです。

そう!あの無制限速度の・・・とは言うものの、

近年は事故も多いので、車の多い地域は

120km制限とかあったりします。ある程度

郊外へ行くとぶっ飛ばしてもOKのエリア。

そこじゃ、私達の車が140Kmで走ってるのを、

ビュンビュンと追い抜いて行くベンツやBMWや

アウディを目撃。でも皆マナーは良いので、

事故りそうな気がしませんでした。

でもやっぱり、安全運転第一ねっ!

さて、今回は叔父さん宅へ宿泊させて貰う事に

なっていたので、そのままおうちへお邪魔様。

叔母さんが出迎えてくれ、又も熱烈な歓迎!

午後からは、お父さんも合流。お土産を渡した

して、何が何だか?なうちにあっという間に

夕方になり、今日が終了しちゃいました~。

今回は観光目的じゃなくて、お爺さんの80歳の

お誕生日を祝う為&私のお披露目って事で

いきなりどこかへ連れて行け~なんて言えない

わけです。で、翌日はお爺さんに会いに行き、

それから電車に乗ってカールスルーエという

街に出ました。ヨーロッパが初めてな私は、

見る物全てがメルヘンの世界です。

街のそこここに歴史の重さを感じました。

Germany_030写真の奥には巨大なお城。

街全てが文化遺産って感じです。

では、ここからは1日ずつ説明

してると膨大な量になっちゃうので、写真を

見ながら説明をしていきましょう。

まずは・・・これからっ!

Germany_054_1いい感じでしょ~。Buttenという

街です。カフェが至る所にあって

人々はおくつろぎモードでした。

あ、ドイツは喫煙OKな国なので、カフェでも

煙ったかったです。女性の喫煙率も結構高く

至る所でふかしてるのを見かけました。

Germany_057ジョンは調子に乗っておふざけ。

が・・・ここもしっかり石畳です。

この街から20分位の所に、今は

動物病院になってるお城があったので、

立ち寄りました。ドイツはリサイクルに徹して

いるので、お城だって何にでも使っちゃうん

だな~。でも動物病院ですよぉ!

ちょっと想像出来ませんよね?

Germany_064Germany_071 このお城の一角が

動物病院ですぅ。

私達が滞在した街

でも築100年の家を堂々とリノベートして

普通に使ってました。凄いっ!

それと・・・ドイツはやっぱりベンツでしょっ! Germany_007_1

タクシーはベージュって決まって

いるそうです。

Germany_006_4バスだってベンツです。

都バスみたく普通に走ってます。

Germany_038_1

パトカーだってベンツ。

凄い配色だけど・・・(笑)

では、9日間の滞在

でのハイライトを一気にご紹介っ!

ハイデルバーグって聞いたことありますか?

ここは街が16世紀から変わってないんです。

このエリアにある一番古い建物は1500年代

に出来たもので、今はホテルになってます。

Germany_012 しっかしこの佇まい・・・

どうですか、堂々としててね。

圧倒されちゃいますよ、本当に。

Germany_023

橋もこんなですよ。

日本で言ったら

京都の嵐山とか・・・

そんなかな。

もう・・・あんまり軽々しく物が言えない状態に

なって来て、とにかく驚嘆するばかりでした。

そして駄目押しに訪れた古城跡がこれっ!

Germany_028Germany_039

色んな歴史を経て

結局再建されないまま。

でも話しのスケールが大きいのなんのって!

召使だけで、500人とか・・・200年建て増し

続けられたとか・・・。溜息が出ちゃう。

Germany_037_2

お城の塔、壁の厚さはナント

7mもあるんですって・・・。

それを破壊するのもかなりの

労力だったと思うけれど。

中世のお城・・・圧倒されっぱなしでした。

Germany_046

プリンセスは毎日こんな景色を

見ながら優雅に暮らしていた?

この裏手には3層からなる庭園もあり、

それは優雅な暮らしをしていた事を容易に想像させて

くれます。

Germany_052

上の写真で見下ろしていた街の

一角にある教会も堂々たる佇まい。

中もまた中世一色でした。

ハイデルバーグはとにかくもう一度行きたいな

と思った街でした。

Germany_165 クリスマス専門のお店もあり

もっとゆっくり見たかったです。

当地ではクリスマスは特別なもの

なので、その祝い方等も日本とは全く違って

おり、かつ民芸品の様なオーナメントが何種類

あったりして、1日じゃとても足りないくらい。

ミュージアムも隣接していて、その歴史と共に

今日のドイツのクリスマスを学ぶ事が出来たり

するのです。 Germany_102_1 Germany_110

話しは変わって、

今回ドイツで走る

事も楽しみにしてた私です。滞在している家

から3分も走らないうちに、こんなに見事な

田園風景が広がってます。その中を気持ち

良~くジョグしましたぁ。ドイツのアスファルトは

どんなかな?と思っていましたが、案外日本と

似ていたようです。走った後や翌日は何とも

ありませんでしたから・・・。

Germany_121 ところで皆さんバーデンバーデン

いう地名はご存知?W杯で有名

なったと思うのですが・・・。

ここはブラックフォレスト(黒い森)

面した、温泉リゾート地でもあります。

黒い森の意味はこの森が緑豊かで、その緑が

とても濃くて上空から見ると黒く見えるから

だそうです。

そんな当地では温泉療養施設や、カジノまで

あります。こちらのカジノはラスベガスと違い、

正装しないと入場出来ません。それ程までに

フォーマルな大人の遊び場なんですね。

だから本当のお金持ちしか遊べないってこと。

(トホホ・・・)

さて、だいぶ長くなってますんでそろそろ終わり

しようと思うのですが、もう一度きちんと紹介

したいのが、カールスルーエにあるお城。

ここはやはり15世紀辺りから立て始めて色んな

職人さんが引き継ぎに引き継いで建てて

行ったんですが、不幸にも戦争で爆撃を受けて

しまい現在は再現された物が博物館となって

いるんですね。

Germany_160Germany_146 この塔からの眺め

紅葉がとても綺麗で

ハワイでは味わえない

郷愁感・・・しんみり。

あっ!最後の最後にもう一つお城を・・・!

これも郊外にあるお城なんですが、名前が

出てこないぃぃぃ。(すみません!)

やっぱり戦争で焼き尽くされてしまい、再現

されたもの。でも、内部もしっかり再現されて

いて、凄く綺麗でした。もうね、天井のアート

が、これでもか!ってくらいに優雅で、そして

かつ繊細なんですよね。一つ一つ職人さんが

確実に再現してますから・・・。

Germany_085_1 思わず首が折れる程、見上げて

しまいました・・・!

金色の所は本物の金を使って

いるそうですよ。

このお城は、戦争の時に爆撃しないと約束

されていたにも関わらず、結局爆撃対象に

なってしまった悲劇のお城です。当時の写真が

残っていましたが、お城の外枠以外は全て

灰と化していました。無残なものです・・・。

人の命だけではなく、貴重な文化遺産も奪う

戦争は、絶対に止めないと!って思いました。

今回の渡独目的の、お爺さんのお誕生日を

祝う件ですが、遭遇した人数が多く、自己紹介

していたら写真を撮る暇がなかったので、特に

何を書くと言う事もなく・・・すみません。

とにかくあっという間の9日間、初めてで勝手も

分からない私を暖かく迎えてくれたファミリーに

感謝しつつ、今日はこれにて終わります。

長い時間読むの疲れたでしょう?最後まで

読んで下さって有難うございます。Mahalo-!

|

« またね・・・Roxy! | トップページ | ♪もう~い~くつ寝ると♪ホノルルマラソン?!なのにぃ~&選挙です! »

コメント

ドイツは高校の同級生が留学してました
彼女も同じような光景を見ていたのかなぁ~って
想像しながら読んでましたよ
本当に 不思議の国、おもちゃのような街ですね
 
観光の楽しそうな一面
でも 走ってるマイリィさんが一番光ってるッ
そんな印象です
ドイツでも やはり・・・ですね☆

投稿: つばさ | 2006年11月 4日 (土) 21時27分

マイリィさん、とっても素敵なブログでした。
ドイツというと東西の冷戦とか、太平洋戦争とか、
戦争とは切り離すことのできない歴史を歩んできた
国だと思うのですが、歴史も古く、世界史の中心で
あったり、なかったり、波乱万丈な国ですね。

思わず、一気に読んでしまったのですが、すこしづつ
また、写真など見させていただきます。マイリィさんも
ジョンさんもとっても素敵です。

投稿: natsunatsu | 2006年11月 3日 (金) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61138/4049309

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議の国、ドイツ?:

« またね・・・Roxy! | トップページ | ♪もう~い~くつ寝ると♪ホノルルマラソン?!なのにぃ~&選挙です! »