« 試験勉強の合間に・・・ | トップページ | いよいよ明日、ハワイ州マッサージセラピスト試験!! »

2007年8月31日 (金)

また、試験勉強の合間に・・・

Aloha-! 一昨日のこと、こちらでサンセット・オン・ザ・ビーチが行われ、今日本でも公開中の映画『Life 君に天国で遇えたら』が上映されました。このサンセット・オン・ザ・ビーチは、大スクリーンをビーチに設置し寝っ転がって映画鑑賞できちゃう!しかも無料!!なのです。そりゃ行かなきゃね~!日中試験勉強頑張ったから、いい気分転換だぁ。この日は、公開されたばかりの日本の映画が英語の字幕スーパー付きで上映とあって、地元の日本人や旅行客だけでなく、結構ローカルの人達も来ていました。

私は妊婦のお友達のあやこちゃん&ジョン&アンドロメダ(友人の子を預かっていた)と一緒に鑑賞しました。上映は7時からだったので、6時半頃を目指して出発。まぁ、余裕でしょ・・・なんて思っていたら、ワイキキのビーチへ着いてビックリ!人・人・人の波。いつもなら余裕で砂浜に座れるのに、この日は全くと言っていい程砂浜が見えないくらいの混雑。一瞬『ここって江ノ島の海岸・・・?』みたいな。こんなイモ洗い状態をしばらく経験してなかったので驚いてしまいました。後から聞いたら、6,500人もの人が押し寄せていたのです。その光景に主演の大沢たかおもウルウルだったとか。そしてその人の波の中には、家族とともにバケーション中の中島美嘉もいたそうです。(全然気が付かなかったけど・・・)


さて人波にビビっている場合ではありません。とりあえず場所を確保しゴザを広げ、映画に備え持って来たビザやお寿司をほおばります。そして7時を過ぎた頃、映画上映直前に大沢たかおがステージへ上がり、ちょっとだけご挨拶。実は映画後にトークショーがあった為、ほんのご挨拶となったようです。ステージへ向かう彼、大名行列のようでした。だって日本人がカメラ片手に追っかけていくのですもの。ちょっと異様な光景・・・。


そして映画がついに始まりました。癌と戦ったプロウィンドサーファーの家族愛の物語。皆は物語に引き込まれていたようですが、私は普段見慣れたハワイの風景が出て来る映画に、“あ、ここ知ってる”とか“この間ジョンと行った場所だ・・・”と、何故か現実的。しかも癌になってしまった主人公家族が保険の関係でどうしても日本へ帰って治療を受けなければならないシーンでは“そうだよね、アメリカって保険制度がなってないよね!”なんて変な共感。映画を見てるのに、すごくリアルな感覚でした。後半に入ると泣いている人もいましたが、私はちょっぴりウルウル・・・何かこう感動っていうよりも、“そうだよね、生きている間は笑っていたいよね!”って。単なる、死んじゃって悲しい・・・っていう映画じゃなかったです。彼が延命治療を拒否し、最後をハワイで過ごしたかった気持ちがすごく分かる気がした。きっと私もそうするだろうな・・・って。だから今回は爽やかな感動をもらったような気がします。有難う!!


そして映画もラストシーンに近くなった頃、なんとシャワーが・・・。後から奥さんが(彼の本当の)トークショーで“あれは夏樹の嬉し涙だったと思います”って言ったとか。う~ん、いい表現だね。でも私は妊婦のお友達の身体が冷えたりしないかヒヤヒヤしちゃったけど・・・。でも彼女も無事最後まで映画を観ることができました。実は彼女は9月6日が出産予定日。ってことは、もう1週間位先にはお母さん!でも、毎日家にいてすることもなく日に日に大きくなるお腹を見ているのも飽きたよ~って(笑)それでこの日の強行突破です。普通に座っているだけでも疲れるのに大丈夫かいな?と思いましたが、本人のたっての希望だったのでお連れしました。旦那さんはこの日は夜までお仕事だったので、私が責任を持って同伴したわけです。


というわけで、無事に映画も観終えて良かった・良かった!本当は写真の一枚でも撮りたかったのですが、とにかく日本的な対応で“写真とビデオ撮影は一切禁止”となっていたので撮れませんでした。とりあえずは上映前にジョンが撮った綺麗なサンセットの写真でもご覧下さい(笑)
あぁ、こうしてビーチでのんびり映画鑑賞が出来るなんて私達幸せ者だわね・・・感謝しつつ今日はこれにて。Mahalo!

Pict0004
一応手前に群集がいるんだけど・・・

|

« 試験勉強の合間に・・・ | トップページ | いよいよ明日、ハワイ州マッサージセラピスト試験!! »

コメント

今回の映画は日本人の観光客向けにすご~くプロモーションかけていたので、6500人のうち6000人は日本人ではないかな?と思うくらい、多かった!!(ここは渋谷のスクランブルか・・・?くらい)

観る人によって色んな観かたがあると思います。その人によって感想もまた違うと思うし・・・。それは観るまでのお楽しみですね。Mahalo!

投稿: Maile | 2007年9月 2日 (日) 17時41分

マイリィさん、すごくたくさんの人が集まったのですね。
びっくり!!観光客なのかな?それとも、ローカル?

夏樹さんが自暴自棄になってしまったところとかも、表現
されていたのですね。夏樹さんの家族のことを知っていらっしゃる
方が、現実とは違う。やっぱりドラマティックに表現されている
なんて言っていたので、そういうところはあまり表現されていない
のかと思っていました。あまり現実的でないほうが重くなくて
いいと思っているのですが・・・。

でも、楽しみにしているので、内容は見てからのお楽しみという
ことで・・・。

試験頑張ってくださいね~。(^^)

投稿: CHINATSU | 2007年9月 2日 (日) 06時26分

飯島さんのことは亡くなる前から、そして亡くなってからもTVの
スペシャル番組等で紹介されていましたので、本人及びその
家族が癌と戦った経緯が想像できます。

 クヒオさんもいずれ、この映画を見ると思いますが・・・
 きっと最初の頃はハワイの景色を見て、行ったことのあるシーン
 が出てくれば、興味本位に喜んでいるだろうが、次第に物語の内容に感情移入し、涙を流さずにはいられないだろうなあ (^_^;)

投稿: | 2007年9月 1日 (土) 18時09分

私の友達も今ロスで生活してるんです。保険をかけているけど、医療費かなり高いみたいで嘆いてました。
保険の種類もいろいろあるんだろうけどね・・・
国が違うといろいろあるんだね~。マイリィさんもグリーンカード取得のときめんどうな手続きだったみたいだし・・・

試験までいよいよカウントダウンだね!頑張ってね~!!

投稿: Jun | 2007年9月 1日 (土) 16時00分

Junちゃん

あんまり内容は言ったらつまらないけど、とにかくタダの感動家族愛映画・・・って言うのではなくて、リアルな映画だったよ。

生活感や主人公が病気で自暴自棄になるあたりは“あぁ、こうなるね・・・”みたいな。まぁ私はそこのところをよりリアル感を持って観てしまったんだけど・・・。Mahalo!

投稿: Maile | 2007年9月 1日 (土) 09時46分

ビーチで映画いいね~♪日本なら暑くてたまらないけど。。。
私もこの映画みてみたいんだよね。
余命を宣告されたら、どうなるんだろう。映画みてないから、わかんないけど、延命措置を断ってハワイで過ごす日々ね・・・
ほんとすごい家族愛だったんだろうな~。しみじみ。

投稿: Jun | 2007年9月 1日 (土) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験勉強の合間に・・・ | トップページ | いよいよ明日、ハワイ州マッサージセラピスト試験!! »