« ■怪獣、この世を去る・・・■ | トップページ | 一ヶ月が過ぎて・・・ »

2009年7月11日 (土)

■怪獣、合唱葬にて天へ・・・■

Aloha-! 怪獣(父)が亡くなり、日本へ行ってきましたdash諸々あったけど、今回はさすが彼は最後までしっかりシナリオbookを作ってくれてたなって感じました。

怪獣がこの世を去ったのはとある6月の木曜日。日本では早ければ亡くなった翌日にはお通夜をし、その翌日には葬儀・・・と言うのが流れ。しかし週末にかけて『友引』が入り、葬儀は週明けになったのです。これなら私も急遽すっ飛んでいけば、お通夜から参加できる・・・と言うことで早速チケットを手配して飛びましたairplane

到着は月曜日の3時clockそしてお通夜は6時開始です。前の日に最短コースをシュミレートして、どうにか6時に間に合わせるように乗り継ぐはずが・・・雨でチョット飛行機の到着が遅れ、ことごとくベストスケジュールだった電車やバスに乗れなかったsweat01仕方なく京成線の特急に乗ってガタゴト1時間10分の旅trainでもこれが一番早く都内へ着くものだったのです。

夕方ラッシュアワーの日暮里駅に降り立ち、スーツケースをひっさげてエレベータに乗り、それから山手線に乗り換えて池袋へ。そこでまた東武東上線に乗り換えたのですが、スーツケースを持っていてもたったの4分で東上線の駅にいる私は一体何者?自分でもこの腕力と体力には驚いちゃったbearing

そして急行で30分揺られて、斎場のある川越へ6時5分前に到着。そこからタクシーで5分の距離なのに、運転手がお喋りしながら遅いぃぃぃannoy6時からだって言ってるのに『わざわざ娘が遠くから来てくれるなんて幸せな親父さんだなぁ。きっと少しぐらい遅れても許してくれますよ~』だって。そうじゃなくて・・・貴方が少しでも急いでくれれば間に合うのよっimpactったく・・・

そして着きましたよ、斎場に。6時5分でしたclockすぐにスーツケース持って2階の受付へ行くといとこが受付にいて、即更衣室へ案内してもらい喪服に着替えて読経の始まった会場へ滑り込みセーフッbullettrainフゥ~、何とか間に合ったよ。
Resize0608

そしてお通夜が滞りなく終わり、その晩は皆で怪獣を偲びつつ一夜を明かしましたnightお棺に入っている怪獣の顔・・・何か別人チック。だってこんな穏やかな顔、今まで見たことないもん。なぁ~に、全て終わってホッとしてんの?って感じでしたconfident皆がいなくなった会場でお線香あげながら、しばらくお話ししてました。

そして翌日は葬儀です。朝の10時から始まったのですが、沢山の方がいらして下さって本当に有難かった。家族よりも号泣して下さる方までいて、『貴方って幸せね!』と怪獣につぶやいた私ですpaper葬儀の時に初七日の法要も一緒にして、さて出棺。その時怪獣がこよなく愛した『合唱』で送ろうと言うことで、大学時代の合唱団のメンバーが集まって下さり怪獣が好きだった2曲を披露して下さいました。ただただ感謝と感動ですっshine
Resize0655_4

そしてその後荼毘にふされた怪獣ですが、最後まで立派に生きた証拠としてしっかりとした『お骨』を見せてくれました。最後は30Kgまで体重が落ちてガリガリだったのに、残った大きな骨が圧倒的な存在感で語りかけてくるようでした。ホント、最後まで幸せだったわね~貴方sign01

その後、精進料理を食べている時に、その合唱団仲間の方達が色々なエピソードを語って下さいました。家族も知らないような話とか、皆が怪獣をどう思っていたのかとか、色んなお話しが聞けて楽しかったです。湿っぽい葬儀にならなかったのも、この人の人柄かな~ってgoodとにかく皆が『いいお葬式だったね~』って言えるものになったので、本当に満足ですfull
Resize0667

その後、現実的な諸々の手続きや人生初めての『お仏壇ショッピング』などを体験し、ハワイへと戻ってきましたairplane今回は本当にまた新しくいい経験をさせてもらいました。出発前に『おくりびと』も観てたから怪獣の納棺はどうだったのかしら?なんて違う視点からも興味深く葬儀に参加できたしね。

明日はお仏壇の納入です。一目惚れして『屋久杉のお仏壇』にしたの。天然記念物だから、倒木もしくは流木を一部の指定業者しか貰い受けることの出来ない屋久杉clubこれがナチュラルないい色出してたのです。選ばせてくれて有難う、お母さんhappy01きっと怪獣も気に入ってくれるよね。

ということで、忙しい滞在もあっという間でした。怪獣だけじゃなくて、おじいちゃんや曾おじいちゃんのルーツも辿れて楽しかったなぁ。私もこの世を去ったら、誰か『へぇ~、こんな人が一族にいたんだぁ?!』なんて言ってもらえるかしらんnotesその為には生きてる間にチョット変わった面白いことしておかなくちゃね~。平凡じゃ駄目よね。(って、死んだ後のことの為に何かするんですか・・・私?coldsweats01

ま、とにもかくにも『毎日をよく生きる』ってことが大事だってこと。それを再確認した旅でした。怪獣とは空を見上げればいつでも話しが出来るので寂しい事はありません。彼もきっと上の世界で先に行った人達と楽しく語り合ってるに違いない。最後のお別れの時『またね・・・』って言った通り、また会う日が来るまでは私はしっかり生きていくよwinkありがと、そしてまたねpaperMahalowave

|

« ■怪獣、この世を去る・・・■ | トップページ | 一ヶ月が過ぎて・・・ »

コメント

>mikarint!

人の一緒は産まれた時に決まってるとか・・・?
それなら悔いの無い様に人生楽しまなきゃ損よねpaper

さぁ、来月の打ち合わせでも始めましょうか・・・
待ってるからね~。Mahalowave

投稿: Maile | 2009年7月15日 (水) 08時09分

暑い中 お疲れさまでした

 マイリィ父は 幸せな1生でしたねっ
 家の父は 47年の1生でした。。。

 さぁー 父の分まで行きましょう♪ヽ(´▽`)/
 

投稿: mikarint | 2009年7月15日 (水) 02時47分

>Junちゃん

気丈ってぇ~、そんなに私強いかなぁsign02
ハワイで暮らしてたら超ポジティブ思考になったみたいhappy01
人生泣くも笑うもその人の心持しだいだもんね・・・
Mahalowave

投稿: Maile | 2009年7月14日 (火) 00時18分

私も最後のひとことにポロポロきたわぁ。
ほんとなんて気丈なひとなのよ。お母さんもマイリィさんがそばに居て安心しただろうね。

お父さんの最期間に合ってよかったね。きっとお父さんも喜んでるよね。そうそう、マイリィさんの近くにずっとそばにいれるんだもん。きっとお父さん楽しんでいるよね♪

疲れの出ないように、気をつけてね!
日本は梅雨があけてないせいか!?かなり蒸し暑いよォ~

投稿: JUN | 2009年7月13日 (月) 14時56分

>Naomiさん

滞在中はほとんどヒドイ雨に降られることがなくてとてもラッキーでしたrain

梅雨の日本は久々なので少々ビビっていたのですが、な~んてことはなかったです。これも父のお陰かもsign02

ハワイに戻ったらすこぶる体調いいので、ご心配ご無用です。いつもお気遣い有難うございますっpaper
Mahalowave

投稿: Maile | 2009年7月12日 (日) 13時24分

マイリィさん

チョット遅れてしまっても、間に合って良かったですね。
お父様も喜ばれていることと思います。

雨の季節と蒸し暑い日々だったので、マイリィさんもお
疲れのことと思います。御身体ご自愛下さい。

投稿: Naomi | 2009年7月12日 (日) 01時59分

>モコさん

そうですね、亡くなってもこうして色んな人達が偲んでくれて
彼はホント幸せ者でした・・・shine

ダイヤモンドヘッドの写真とか見せた時の顔が忘れられないので
夜、その上に輝く星を見つけて話しかけたりしてますnight

現世ではハワイに来れなかったけど、マナがきっと来てるはずpaper
そんな風に思ってますよ~。Mahalowave

投稿: Maile | 2009年7月11日 (土) 18時02分

>えびちゃん

え、え、え・・・泣かせないでって、なんでぇ~coldsweats01
最後まで色んなシナリオが用意されてて、人が亡くなったのに
人生劇場やってます・・・って感じで楽しかったよscissors

中でも『お仏壇ショッピング』が人生で一番楽しい買い物だったぁmoneybag
何事もポジティブに・・・それが大事だね。Mahalowave

投稿: Maile | 2009年7月11日 (土) 18時00分

お疲れ様でした~

お父様の葬儀にギリギリ間に合ってよかったですね♪

友人に合唱でお見送りしていただいたり

最愛の娘さんがハワイから飛んで帰ってお見送りしてくれた

ことでお父様喜んでいると思います。

これからもお父様はマイリィさんのそばで見守ってくれると

思いますので頑張ってくださいね。

投稿: モコ | 2009年7月11日 (土) 04時10分

マイリィちゃん、

あれからずっと、すごく気になっていたの。
お疲れさまでした。

泣かせないでよ、まったく、もう、あなたって。

投稿: えび | 2009年7月11日 (土) 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■怪獣、この世を去る・・・■ | トップページ | 一ヶ月が過ぎて・・・ »