« ~Big Islandパワーチャージの旅②~ | トップページ | ~Big Islandパワーチャージの旅④~ »

2009年12月 4日 (金)

~Big Islandパワーチャージの旅③~

Aloha-!Big Island3日目は私もなるちゃんもとぉ~っても楽しみにしていたワイピオ・ヴァレーです。別名“王の谷”とも呼ばれているこの渓谷は、ビッグアイランド北部の町ホノカアを抜けた突端にあります。
http://www.hawaiiweb.com/hawaii/html/sites/waipio_valley.html

鋭く回り込んだ渓谷は外からは伺い知ることの出来ない聖域shineその渓谷に住む青年がガイドとなり案内してくれるツアーを申し込みました。彼が住人houseであるから、このプライベートな地域へも足を踏み入れられますが、一般の人はある地点からはシャットアウトですbanだって自分地の庭に人がドヤドヤ入って来たらみんなどう思う?ここは本当に外界から遮断された、彼らだけのSPACEなのです。
Resize0804

今日のガイドを務めてくれたのはダグラスscissorsこのワイピオ・ヴァレーで生まれ育ち、大学こそメインランドに行ったそうですがやっぱりここへ戻って来ると“オレの居場所だな”と感じるそうで、今はガイドをしながら生活しています。
Resize0799

ラッキーなことに、他のお客さんがいなかったので“プライベートツアー”になっちゃいました~happy01それでは早速渓谷に向かって急坂を下りて行きましょう。・・・急坂って言っても半端なく、4WDしか進入を許されてませんrvcarゆ~っくりゆ~っくりと下りて行きます。
Resize0779

と、この坂の途中で不思議な感覚に襲われました。何だか良く分からないけれど、グッと来るというか胸がちょっと苦しいような、丁度涙がこみ上げて来る時のような感覚・・・sweat02渓谷の玄関である黒砂海岸の説明を聞きながら、身体にドンドン何かが入って来てるような気分でした。後でダグラスに話すと“渓谷へ入る時にそういう感覚を強く感じたってことは、歓迎されていたんだね!”と。

そう・・・実際渓谷内に下りてからはそのような感覚よりもむしろ心地良い気分でした。あの関門は“E Komo Mai”のサインだったのかも知れません。今も鮮明に身体が覚えている、本当に不思議な感覚でした・・・flair

ここは昔ビッグアイランドを襲った津波waveの被害を受けましたが、何と死者は一人も出なかったところ。町全体はとても大きな被害を被ったのに・・・どうして?伝説ではやはり“王の力”だそうです。彼のマナがこの町の住人を守ったのだと。しかし、壊滅状態だった町に希望を見出せず去る住人も多かったとか。だから今は本当に数える程の家族が残って、タロの栽培を主に家畜horseを飼ったりして暮らしているのです。

さて、最初にダグラスが止まったのはたか~い滝が見える地点。渓谷なのでお天気が変わりやすくいつ霧がかかって見えなくなるか分からないので、今のうちにベストショットを押さえようとのことでしたcameraこの滝は300m以上あるそうです。
Resize0781

そして行く道々でフルーツやこんな可愛い花を差し出してくれました。写真はダブルハイビスカスだったかな。二重になって咲いているんです。お土産に持って帰って押し花にするといいよ!とダグラス。え・・・地のものを持って行ってもいいのかな?と一瞬思ったけど“大丈夫、君たちは十分にこの地をリスペクトしてるから”と有難いお言葉。
Resize0820

次に止まったのはワイピオの頭文字Wを山々が作っている場所。この光景もすぐに雲や霧で隠れてしまうそうで、今日ここを拝めた私達は凄くラッキーなのですってnotes王に感謝しなくちゃねっpaper
Resize0784_2

更に進むとタロイモファームが見えて来ました。綺麗な水で作るここのタロは、他の地のものとは甘みが違うそうです。このツアーが終わったらホノカアの町で“ワイピオのポイ”を買ってみよう!身体の中にこの地のものを入れられると、芯からクレンジングされること間違いないよね。
Resize0790

それにダグラスはリリコイなんかも採ってきてくれて、清流で洗って差し出してくれました。美味しいかったよぉ~deliciousそれから落ちてるククイナッツを拾って来て硬い殻を割って中身を見せながら、これは何にいいとか説明してくれました。その他ハワイで取れるものを薬草としてどういう風に用いるのかなども教えてくれたんです。即席の薬草講座になりましたbook
Resize0791

ここまで来るのに幾つかの川を渡りましたが、何と1つも橋がないsweat01全部バシャバシャと車で渡って来ました。そんなの無くても生活は出来るってことなんですね。野生のお馬さんhorseも自分達の行きたい方向へ川を渡って行きました。
Resize0793

さて、ここで折り返しとのこと。楽しい時間はあっという間です。帰り道も色んなお話しを聞きながら本当にENJOYしましたfullランチをどこで食べたらいい?と聞いたら“うちのオバサンがホノカアでレストランやってるから是非行ってみて”とのこと。こりゃ行くしかないね・・・ってことでランチタイムも楽しみになった私達でした。ツアーデスクへ戻るとウォークインのお客さんが来ていました。朝出発の時点では私達の次のツアーは入っていなかった為にダグラスは多少時間をオーバーして案内してくれていたので、デスクのオジサンが時間は守るように言ったら・・・“Hawaii Time~!clock”って(爆)さすが、ここはHawaiiだもんねsun(ツアーデスクのあるワイピオヴァレー・アートセンターhouseなかなか味があるでしょ)
Resize0801

そんなこんなで思い切りいい時間を過ごさせてもらい、またまたパワーチャージの出来た私達。これからランチとホノカアタウンをHolo Holoしま~すrunMahalowave
Resize0802_2

|

« ~Big Islandパワーチャージの旅②~ | トップページ | ~Big Islandパワーチャージの旅④~ »

コメント

>ミカロン

そうだよね、ミカロン達も公園の紹介してたよね。時間がなくて公園は行けなかったけど十分だったよ~。

オバちゃんのレストラン、名前忘れたんだけど・・・
メインロードとPulumeliaの交差点の角だったかな。青い建物ですぐに分かるよ。玉城マーケットの向かいだよ。
Mahalowave

投稿: Maile | 2009年12月 6日 (日) 18時37分

ワイピオの渓谷は バレーから眺めただけだったけど・・・
 このシャトルのギャラリーの近くの公園に行って しばし休憩しました☆

 ワイピオは ほんとーに不思議な場所だね(^_-)-☆
 
  

投稿: ミカロン | 2009年12月 5日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~Big Islandパワーチャージの旅②~ | トップページ | ~Big Islandパワーチャージの旅④~ »