« ~Big Islandでのセミナー②~   Self I-Dentity through Ho'oponopono | トップページ | ~Big Islandでのセミナー④~   Self I-Dentity through Ho'oponopono »

2010年3月29日 (月)

~Big Islandでのセミナー③~   Self I-Dentity through Ho'oponopono

Aloha-! 【夜のアクティビティ】の前にやっぱりもう少し第1日目のセミナーの事書いてみたくなりました。チョットだけ・・・追加で書いてみますねpencil

セミナー中は実践編もありました。【ハワイの伝統的な呼吸法HA】ですpaper全部7カウントで行います。
①7カウント数えながら大きく息を吸って
②7カウント数えながら息をホールド
③7カウント数えながら大きく息を吐いて
④7カウント数えながらまたホールド

これを全部で7回繰り返します。そうしている間になんか落ち着いて来るんですよねconfidentやっていくうちに何だか両手が熱~くなって燃えてきましたimpactそこでDr.ヒューレンに質問してみました。

;あのぅ、今とっても手が暖かいと言うよりは燃えてるカンジなんですけど・・・これって凄いパワーチャージしてるんですかね?

Dr.ヒューレン;そうだよ。これは実は凄く強いパワーが生まれるからどちらかと言うと朝とか日中にするといいね。夜・・・特に寝しななんかにやると興奮して眠れなくなっちゃう可能性もあるからね。

へぇ~、そうなんだ?道理で手がカァ~っと熱くなる筈だわshineでも何か気持ちいいのよね。皆が同じ会場でエネジーチャージしてきっといいエネジーフローが生まれたんだね。一人でやるよりも遥かに大きなエネジーが生まれたって実感できましたよscissors

それから、1つ前のブログで書いたけれど“自分をゼロにすることが大事”って言うのと共にもう一つ共感したお話しがあります。それは・・・【動物はもとよりモノにも気持ち(意思)がある】ってことですschool

例えば、電車・建物・会社・携帯電話・お鍋・・・もうな~んでもです。既にbook本を読んだ時に、よしもとばななさんのパートの所で、これメチャクチャ同感!と思ったのですが。実は私も小さい頃からモノに対しては人と同じように接するような所があったんですね。

極端な例を出すと、幼稚園の時に家族で出掛けた際BAGの中にあったティッシュを使いました。で、普通そのまま捨てるでしょ?でも私、可哀想で捨てられなかった・・・のですsweat02それは“自分の家からこんなに遠く離れた所へ置いていくなんて出来ない。捨てるなら家へ戻ってからゴミ箱に捨ててあげたい。”なんて幼心に思っていたわけです。変かな・・・私dangerでも可哀想って思っちゃったんですよね、その時は。何だかティッシュが“エ~ン、置いていかないで”って言っているようなcrying

・・・チョット話が横道にそれましたけど、とにかくそんなモノとも対話していたようなチョット変わった子供でしたが、このセミナーに参加して“それも全然アリなんだ~!”と確信しましたfull

お花を摘む時に“お花サン、家に来てくれる?”って聞くとか、旅行に行ってホテルのお部屋にチェックインする時に“お部屋サン、短い間だけどヨロシクね”って言って入室するとか。そんなお話しがいっぱいあって、ずぅ~っとうなずきっ放しでしたwink

小さい頃に読んだ本で“ちいさいモモちゃん”というのがあります。その本から沢山学び、沢山自分の世界を築いたように思います。幼稚園に入る前に母が与えてくれた初めての“沢山活字のある本”でした。絵心のある母は本の中のイラストを塗り絵状態にして、カラフルな本にしてくれていました。そして幼い私は何度も何度も読み返した記憶があります。幼稚園に入る前なのにこんなに鮮明に覚えているってことは相当好きだったんだなって思いますheart02

ちいさいモモちゃん ちいさいモモちゃん

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

あ、また脱線しちゃったcoldsweats02ええと、とにかく自分をゼロするってことは自分と関わる全ての周り(人・環境etc)へも影響を及ぼしクリーニング出来るってこと。そんなお話しもありました。

そして、そして・・・ここからはお待ちかねの【夜のアクティビティー】です。夕食を冷凍食品でチャッチャと済ませて向かった先はPele様のお家Halema'uma'uhouse昼間は火口から噴出す煙しか見えませんが、夜ま~っくらになってからはその火口の奥深くにあるマグマの光がオレンジ色の閃光のように外へ向かって見えるのですimpactすんご~く楽しみにしていたのでワックワクしながら出かけましたcar

まずは昼間のお姿・・・マグマは分かりませんねsign01
Resize2809

でも、夜行くと・・・ヒャ~しっかり見えるぅeye
Resize2817

勿論、マグマ自体は見えませんが地底から反射した光がしっかりとこうして上まで届いています。赤々と燃えるマグマを想像しただけで興奮して来ますfuji本当に地球は生きているんだね・・・って何の疑いもなく素直に思えます。

更に陽が完璧に落ちた後はこんなカンジですnight
Resize2832

真っ暗な中浮かび上がるPele様spaずぅ~っと見ていても飽きません。時間が許せば一晩でも居れたと思います。それ程にインパクトが強く、また決して同じ表情を見せないPele様。まさに釘付け状態でしたeye

ほんっとに美しかった。まさにPele様からのギフトでしたねpresent最初からこんなに凄いモノ見せてもらっちゃって・・・ハァ~何て言ったらいいのかしらsign02絶句・・・だね、まさにconfidentしかし、この夜のアクティビティは序章でしかなかったことを後で思い知らされる私達なのでした・・・flair(真相はまたあとでpaper

その後はジャガーミュージアムの中でPele様との記念撮影camera
Resize2992

こうして興奮に継ぐ興奮の長い一日が終わったのでした。さて、明日はどんな日になるのかな。楽しみぃ~winkおっとその前にクリーニング!クリーニング!だよね。ホント感謝・感謝の一日でした~full
Mahalowave

|

« ~Big Islandでのセミナー②~   Self I-Dentity through Ho'oponopono | トップページ | ~Big Islandでのセミナー④~   Self I-Dentity through Ho'oponopono »

コメント

おーーーそういうのがあった♪
もう貧乏旅行でOPと縁がないから、すっかり抜け落ちていたわ。。。
たぶんパールハーバーに行きたいって言うと思うから、それはツアーでいってもらおうとおもってるんだけど(戦争もの好き^^;)
お世話になります(って何も決めてないのにそのつもり 笑)

投稿: らにらに | 2010年3月29日 (月) 18時45分

>らにっち~

必要な時に必要なことが与えられてる気がするよ~。

ところで、じいじ達だよね・・・。
放っておいて大丈夫だとしたらポリネシアン文化センターとかね。

あとシーライフパークで一日つぶすとかかなぁ・・・。

どっちにしろ予算がかかるかぁ?でもスポンサー付だからOKっしょ。

あとは貴女様が無事に運転できるかどうかにかかってまする(笑)

な、なにかあったら相談してちょ。
Mahalowave

投稿: Maile | 2010年3月29日 (月) 16時50分

いいなあ、、、なんだか満喫って言う感じで。
そろそろ夏のこと本気で決めないとだわ、また何となく行って何となく帰って来てしまいそうーー;

じいじをどこに連れて行くかも難問ですーー;

投稿: らにらに | 2010年3月29日 (月) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~Big Islandでのセミナー②~   Self I-Dentity through Ho'oponopono | トップページ | ~Big Islandでのセミナー④~   Self I-Dentity through Ho'oponopono »