« GWはワイキキのDFSへ来てね~! | トップページ | ☆満員御礼6月ロミセッション予約 in Japan☆ »

2011年5月 9日 (月)

映画“毎日かあさん”に思う・・・⑤  ~彼と私のもうひとつの闘病記~

Aloha-! GWも終わり皆さん新しい週を始めていますねpaperこちらハワイは最近お天気が荒れ気味ですrain先日は30時間の間に4万5千回も稲妻が光ったとかthunder自然には勝てませんが、ハワイらしいお天気が恋しくなってきてる今日この頃です。

さて、しばらく書いていなかった依存症のこと・・・今日は気になる記事を見つけたこともあり、久し振りに書いてみようと思いますpencil

Yahooのニュースで見たのはこの記事↓memo(一部割愛)
人気バンドボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラがアルコール依存症の治療のためリハビリ施設に入所し、予定されていた北米とヨーロッパのツアーへの参加ができなくなったことがわかった。 ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィとともにカリスマ的な人気を誇るギタリスト、リッチーのリハビリ施設入所のニュースは世界中のボン・ジョヴィファンにショックを与えた。

現在51歳のリッチーは、1994年にへザー・ロックリアと結婚し一女とともに暮らしていたが、へザーの親友・女優のデニス・リチャーズが夫のチャーリー・シーンのDV、浮気などの相談をしているうちに不倫関係に発展。へザーには離婚され、その後デニスとも破局したリッチーはアルコール依存症が悪化。2007年にもリハビリ施設に入所し、2008年にはまだ11歳だった長女を同乗させて飲酒運転していたことで逮捕された。

それから3年。
またしても、リッチーはアルコールという悪魔に負けてしまった。ここまで)

私が気になったのは“アルコールという悪魔に負けた”という表現です。依存症は病気だから負けるも何もない。再発してしまったという方が正しいと思う。この記事を読んで、世の中のどれだけの人が本当の依存症の恐ろしさを知っているのだろうか?と改めて思った次第です。

そのような疑問が湧き上がって来た今こそ、また私の経験をつづることで1人でも多くの人にこのアルコール依存症という病気を知ってもらおう!と思いました。どうぞ続編にお付き合い下さいconfidentこれまでのブログはこちら①とこちら②から・・・

Al-Anonとの出会い】

思い切ってこの協会にemailを送ると、日本語でもミーティングをしているから代表者にコンタクトするといいよ!とお返事がありました。早速電話をしてミーティングのスケジュールを確認。ここから私自身の闘病記も始まったのでした。飲酒していない私がどうして闘病しなくてはいけないかと言うと、家族にアルコール依存症者がいる場合何らかの影響を受けるわけです。それはメンタル面だけではなく、時にはフィジカル面もあることでしょう。私の場合はバイオレンス(家庭内暴力)などは無かったのでまだいい方でした。でも子供さんがいる家庭などは旦那さんが奥さんや子供に暴力を振るったりすることもあり、とても危険な状態のところもあるんですね。お父さんがお母さんを殴るところを目撃した子供は心に大きなショックを受けます。そのショックが精神的な障害を生むきっかけになることもあります。そのような場合はもう自分達ではどうすることもできない。それを悟ったら、このAl-Anonへ来ることで色々な学びが出来るのです。まず自分自身をケアしてあげることから始めないといかないのだと言うことから学んでいきます。

また今までアルコール依存症をよく知らない人達と話すことによって生じていたギャップやストレスからの解放にもなりました。知らないということは自分の秤で物事を判断します。ここで言う自分の秤とは“一般常識”のこと。だから飲酒が止まらない旦那さんの話をしても“大丈夫よ~、きっとすぐに治るわ”とか“家族の愛情があれば乗り越えられるよ”とか“早く旦那さんも真剣に考えてくれるといいね”などなど・・・。これら全ての言葉は意味がなく、逆に聞く度に“どうして”分かってくれないの!と腹が立ってしまう自分がいました。この病気、経験がないと分からないことが沢山あるんですよね。

アラノン(日本)のHPには以下のようなことが書いてあります。
·   私たちは各地で定期的にミーティングを開いています。あなたはそこに参加することによって、助けを得ることができます。

·   ミーティングには、身近な人のアルコールの問題から影響を受けたと感じる人たちが集まります。参加者はそこで自分の体験を話し、他の人の話に耳を傾けます。

·   参加者は皆、同じ経験をしているので、あなたの話を共感をもって受け止めることができます。あなたは安心して、それまで誰にも理解されなかった苦しさや葛藤などを話すことができるでしょう。

·   同じ苦しみを持った他の多くの仲間と出会い、語り合うことによって、愛と希望と勇気を与えられます。

·   アルコール依存症を病気として正しく知ることができ、この病気に対する好ましい態度を学びます。

これこそが私が必要だったことだと思えます。四面楚歌の中で一筋の光が見えるような気持ちになりました。ただ、ハワイでは毎週開催している日本語での会がないのが残念で・・・それでもまず通い始めることが始めの一歩だと思い、思い切ってミーティングのドアを叩いたのでした。

http://afghawaii.org/

http://www.al-anon.or.jp/index.html

Al-Anonでの学び】

すぐに1ヶ月に2回の日本語ミーティングへ出席し始めた私。最初のうちは皆にすがって“どうしたらいいか教えて!”というような姿勢でした。でもそれは間違いだと言うことが徐々に分かります。色んな事例が個々にあるわけで、それを私のケースに当てはめるのではないということを理解しなければいけません。でも最初のうちはなかなかそれを受け入れられなかった私がいます。何故なら1日でも早くこの状況から脱出したいというエゴがあったからです。でもここまで来るのに掛かった時間を考えれば、またもとに戻すにはそれなりの時間も掛かると言うことですね。

そしてもう1つ・・・“自分が変わらなければいけない(recovery)”というのが、何だかとっても責められているような気がしてキツかった。“私は何も悪いことしてないのに何でこっちが変わらなくちゃいけないの?”って。でも今から思えばこの頃は硬く頑丈な殻が私の心を覆いつつあったのかも知れません。あるいは鉄兜をかぶっていたのかも・・・。自分を正当化して相手を変えようとする姿勢が事態を一層悪くしているなんて誰も思いませんものね。

その後、アラノンが自分を責めているわけではないのだということが理解でき、少しずつ急がずに自分のペースで学ぶことが大事だと思えるようになった頃、今度は英語のミーティングにも出てみようと思いました。丁度仕事の関係で日本語ミーティングに出られなくなり、インスピレーションで見つけた英語ミーティングに顔を出してみました。言語の壁は大丈夫だろうか?という不安もありましたが、とにかく行ってみようと勇気を出して出席してみました。この頃は彼も同席していたので、私の本当の気持ちを吐き出してはいなかったように思えます。最初の頃は黙って皆のお話を聞いているだけで、あまり参加している実感はありませんでした。でも11人違う体験をシェアしてもらって、それが私の中で少しずつ参考になっていきました。

スピーカーになった人はAl-Anonで使う書籍からトピックを引き出したり、または自由にトピックを選択したりして話をしてくれます。その後皆でそのトピックにまつわる自分の体験などをシェアします。ローカルの人達は日本人よりもエモーショナルで、時には男の人でも涙を流しながら話しをする人もいます。それ程にアルコール依存症は周りの人々の心をむしばむのだと言うことが分かりました。子供の頃の経験が今になって表に出て来て苦しんでいる人もいます。自分の育った環境がそういう環境で、結婚したらまた同じような人を家族にしてしまった・・・などという人もいます。このエンドレスなメリーゴーランドから何とかして脱出したい!と訴える人もいます。

そうやって皆の話を聞くこと数ヶ月、徐々に自分の発言が出来るようになっていきました。それは彼が私に同行しなくなったからでもありました。彼が横にいないと素直に苦しい気持ちを話すことが出来たのです。皆は静かに私の話を聞いてくれました。そして私も更にスピードアップして様々なことを学んでいったのです。

この続きはまた次回・・・Mahalo&POIfuji

|

« GWはワイキキのDFSへ来てね~! | トップページ | ☆満員御礼6月ロミセッション予約 in Japan☆ »

コメント

Yurikoさん

ホント久し振り。ビックリしました。そちらも元気そうでなにより。
・・・こちらは大きな男の子のママやってる感じで肝心の本当の
ベビまで手が回らないで時間が経ってしまってます。

ちなみに旦那さんの施設って?確かChurchだったと思いますが。
そうそうChurchも会場になるんですよね、AAの。私もAl-Anonに
通っていろんなこと学んでますよ~。

ところで、あのオフィスにまだお勤めとは・・・またまたビックリ。
皆さん元気ですか?あの頃が懐かしいです。
GC取る時はお世話になりました。お陰様で10年ものも頂いて
無事に暮らしております。
Mahalofuji

投稿: Maile | 2011年5月31日 (火) 22時50分

お久しぶりです。
6年前に数ヶ月お世話になったYurikoです。
数年前に偶然ブログに行き着いて、たまにロムさせてもらっていました。元気で頑張っていらっしゃいますね!

うちの主人の「施設」でもAAがあって、その晩にはそれは多くの車が止まっています。ご主人様が多くの人に支えられながら少しでも快方に向かうことをお祈りしています。

追伸 私はまだなんだかんだであの事務所にいます。。

投稿: Yuriko | 2011年5月30日 (月) 09時38分

>笑踊くん

仰る通り・・・「知ってる」と「体験した」では大違いだね~。
でも乗り越えるというか、この人生での経験が他の人より増えて
この体験をシェアできるのなら、それもまた私の役目かなぁと。

お互い家族との付き合いが大変な時もあるけれど、今日一日を
精一杯生きましょうぞぉ~。カキコありがとね。メアドは同じだよん。
Mahalofuji

投稿: Maile | 2011年5月11日 (水) 09時14分

ハワイのお姉さん、こんにちは。

旦那さんがアルコール依存症とは知りませんでした。

どんなことでもそうですが、

当事者及びその家族にしかわからないことがあります。

「知ってる」と「体験した」では全く次元が違いますからね。

いろいろたいへんだと思いますが、

お姉さんの持ち前の前向き精神で乗り越えられます、きっと。

--------------------

メッセージ、どうもです。

個人メールに1年くらい前から1日数百通近いスパムが来たので、

思い切ってフィルターを強めにしたせいだと思います。

それで、個人宛のメアドにメールが届かなかったんだと思います。

先日、フィルター設定を多少変えたので、今は届くと思います。

ただ、仮にお姉さんが新しいメアドにした場合はフィルターブロックにひっかかってしまうので、

できれば、以前のメアドでメールして頂けると有難いです。


では、また♪

投稿: 笑踊 | 2011年5月11日 (水) 02時49分

>JUNちゃん

主観とかイメージとかね・・・よく調べないでマスコミは書く時もあるね。
でも病気なんだから、ちゃんと調べてくれよぉ~!って思う。

ことに、芸能界絡みだといかにオオゴトに書いて人の目を
引き付けるかってことだけで、正確さとか二の次だよね。困るわ。

でも毎日かあさんの映画とか私のブログで少しで理解が深まれば
いいなって思ってるよ。いつも有難う。
Mahalofuji

投稿: Maile | 2011年5月 9日 (月) 15時44分

マスコミはいかに印象にのこるような見出しに気をとられ、間違った情報もたくさんあるからね~。。。
こうして発信してくれることで、一人でも多くの人が正しく理解してくれるんじゃないかな。
私もその一人だし。勉強になるよ。相手の立場に立って助言するのは人それぞれいろんな考え方があるから。簡単のようで難しいよね。ガンと同じで再発することもあり、病気とうまく付き合っていくしかないんだね。

投稿: JUN | 2011年5月 9日 (月) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWはワイキキのDFSへ来てね~! | トップページ | ☆満員御礼6月ロミセッション予約 in Japan☆ »